鮭のムニエル・海苔バターソース

%e9%ae%ad%e3%81%ae%e3%83%a0%e3%83%8b%e3%82%a8%e3%83%ab%e6%b5%b7%e8%8b%94%e3%83%90%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%82%b9%ef%bc%91

%e9%ae%ad%e3%81%ae%e3%83%a0%e3%83%8b%e3%82%a8%e3%83%ab%e6%b5%b7%e8%8b%94%e3%83%90%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%82%b9%ef%bc%92

【材料(2人分)】
秋鮭 2切れ(200g)
塩、こしょう 少々
薄力粉 小さじ2(6g)
油 小さじ2(8g)

<海苔バターソース>
焼き海苔 1枚(3g)
※「焼もみのり」が手に入る場合は元々ちぎれた「こわれ」なので焼海苔をちぎるよりもお得ですよ。^^
バター 小さじ2(8g)
水 1/2カップ(100ml)
塩 小さじ1/6(1g)
片栗粉 小さじ1/2(1.5g)

【作り方】(調理時間20分)
1.鮭に塩、こしょうをふって5分ほどおいて、出て来た水分をキッチンペーパーでふき取る。薄力粉をうすくまぶし、余分な粉を落としたら熱したフライパンで皮目から焼く。最初は強火で30秒、その後弱火で4~5分焼き、裏返して同様に焼く。

2.1をお皿に盛り、空いたフライパンの余分な油をキッチンペーパーでふきとり、ちぎった焼き海苔(焼もみのり)、バター、水を入れて火にかける。海苔が溶けたら、塩で味をつけ、片栗粉を水少々で溶いて加えて、とろみをつける。

3.1のムニエルに2をかけて、好みの付け合せを添えて完成。

【栄養価(一人当たり)】
エネルギー 216kcal
塩分 0.8g
食物繊維 0.6g
糖質 3.1g

【説明、アレンジ例などコメント】
海苔とバターの豊かな風味が感じられるソースです。海苔のとろけるような食感とバターのコクが絶妙にマッチします。今回は秋らしく鮭のムニエルにしましたが、冬には鱈、春には鯛など、旬の魚と組み合わせて、一年中楽めるレシピです。付け合せの野菜も海苔バターソースでおいしくいただけます。献立には、ごはんでもパンでも合わせられるので、気分や好みに合わせて、毎日の献立に取り入れてみて欲しいです。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村

 

mytaste.jp

 

あおさのりで海苔佃煮

あおさを使った海苔佃煮

自家製の「あおさのり」の佃煮にチャレンジ。

海苔佃煮の作り方 調理時間:約30分

【材料】 あおさ…15グラム、しょう油…4分の1カップ、酒…大さじ2、砂糖…大さじ2、みりん…大さじ2
※お好みで調味料の量を加減してください。また、刻んだ椎茸などを入れるとより美味しくなります。

【作り方】
①鍋に【材料】をすべて入れて火にかけ、弱火で煮る。(あおさは水洗いして水分を含ませてから使用してください。)
②煮汁がほとんどなくなり、全体がトロリとするまで煮詰め、火を止める。
※火加減はコンロや鍋によって調整して下さい。 ※出来上がりの量・・・約140グラム ※完成後、時間経過とともに粘りが増して佃煮らしくなってきます。